「踊りに詩を」と活動した舞踊家石井小浪先生の意思を引き継ぎ、児童舞踊を基盤に詩のある舞踊作品創りを目指しています。